リトミックのメリットについて

将来の可能性を広げます

リズム感が養われると、集団生活をスムーズに送る事が出来るようになったり、絶対音感のような音階の解読もしやすくなるそうです。
リトミックは、音楽的な要素だけではなく、様々な感情を養う為の基礎を作るのに最適な習い事の一つとして近年では多くの幼児の最初に習う習い事として人気があります。
子供達の脳は幼児期は何でも吸収する為、見たもの聞いたものや手に触れたものの記憶を取り込みやすい状態にあります。

なので、リトミックを行う事で隠された潜在能力を引き出す事が出来るかもしれないのです。
幼児教育の先進国になると、このリトミックは必須科目になっている国も多くあり、子供達の将来を決定する為の大切な教育の一つとして考えられています。
基礎的な能力が早い内から分かるようになれば、その子に合う適切な教育を行う事が出来ます。

それに、様々な環境にも適応しやすく考えもその場に応じた柔軟な考えをする事が可能になるのです。
子供の成長のバランスを保つ為に、最近では幼児期からリトミックを教える保育園や幼稚園も増えています。
音楽と言う音を使う事により、体や心のバランスも自然と整えられていくので、感性的な表情豊かな大人に成長する事が出来るのです。

これから、リトミックと言う分野は当たり前のように学校教育の中で必須科目として導入されていくような気がします。
感情を豊かにするだけではなく、体の中の器官の発育にも良い影響を与えると言う研究データも出ています。

子供達の成長のバランスを整える事が出来ます

右脳と左脳を上手に使う事で人の脳と言うのは発達していくのです。 特に、リトミックは幼児教育でもよく取り入れられている音楽教育の一つであります。 中でも右脳の発達と言うのは早ければ早いほどインスピレーションが生まれやすくなる為、様々な可能性を広げる役目もあるのです。

人間の感情のバランスも整える

幼児期からリトミックを習う事により、これからの生活に必要な判断力や集団生活を行う上で必要な集中力や思考力や判断力を養う事が出来ます。 音楽に合わせて踊ったり遊んだりする事で表現力や想像力の豊かな子供になる事が出来るのです。 上記の感情のバランスを整える事は自主性を高める事にも繋がるのです。

運動能力が高められます

音楽に合わせて歌と踊りをする為、リトミックは幼児にとって良い運動の一つでもあるのです。 思いっきり体全体を使って表現する為、体の中の様々な器官の発育にも良い影響を与えると言う点は前の記事でも紹介しました。 基礎的な運動能力が身に付く為、将来スポーツをする際にバランスや感覚と言った事を鍛える事が出来ます。